小児皮ふ科

小児皮ふ科

~子を思う親の心配に寄り添う~

小児皮ふ科
  • 小児皮ふ科は主に小児期のお子様に生じた様々な皮膚トラブルを治療・ケアする診療科です。子供の皮膚は大人の皮膚と比べて薄く繊細で、皮膚のバリア機能も未熟です。そのため、皮膚から水分が蒸発しやすくなり乾燥肌であることが多く、細菌や有害物質が皮膚から侵入しやすくなり感染症やアレルギーも起こりやすいです。近年の研究では食物を食べることでアレルギーが発症するのではなく食物が皮膚に付着することによってアレルギー症状が出現すると言われており、いかにスキンケアをするかが重要となっています。アレルギーの発症を予防するため0才からのスキンケアが重要です。
  • このように子供の頃の皮膚トラブルは多いですが、お子様はご自身の症状を表現することが難しいこともあるため、お子様ご自身と親御さんのお話を丁寧に聞いてきめ細やかな皮膚のケアが必要です。
  • そのようなお子様特有の皮膚疾患に対して丁寧に診察し、最適な治療をさせていただきます。また、お子様の皮膚トラブルの予防となる効果的なスキンケアのアドバイスもさせていただきます。当院では保湿剤の塗り方から指導します。

乳児湿疹

~年齢に合わせた適切なスキンケアをアドバイスします~

症状

  • 乳児湿疹は生後2週間から数ヵ月までの間の赤ちゃんにみられる湿疹です。生まれたばかりの赤ちゃんはお母さんから胎盤を通してもらったホルモンの影響で皮脂の分泌が盛んになります。皮脂の分泌がとくに活発な顔、首、頭皮を中心に赤いぽつぽつ、黄色いかさぶた、フケのようなものが出やすくなります。これは乳児脂漏性皮膚炎とも言われます。
  • 生後2ヵ月を過ぎるとお母さんからもらったホルモンが少なくなるため、乳児脂漏性皮膚炎の症状は自然に治ってくることがほとんどです。そして、生後2ヵ月を過ぎた時期からは皮膚の乾燥による湿疹が増えていきます。このように乳児期は月齢に応じて皮膚症状が変化します。

治療

  • 当院では月齢に合わせた適切なスキンケアのアドバイスを行います。赤ちゃんのスキンケアで重要なのは清潔と保湿です。1日1回泡立てた石鹸を使ってぬるま湯でやさしく洗うことをおすすめします。院長が厳選した赤ちゃんに合った保湿剤をご紹介します。
  • なお症状によってはステロイドの塗り薬や抗菌薬の塗り薬などを用いる場合もあります。

子どものアトピー(小児のアトピー性皮膚炎)

~お子様とご家族に寄り添い責任をもって治療します~

症状

乳児湿疹は月齢と共に自然に治ることがほとんどですが、年齢が上がっても湿疹が長引く場合はアトピー性皮膚炎の可能性があります。アトピー性皮膚炎の場合、「①皮膚の乾燥」、「②皮膚のバリア機能の低下」、「③アレルギー反応による炎症」によって、湿疹がよくなったり悪くなったりを繰り返して慢性化します。季節の変化、汗、外からの抗原・刺激などをきっかけに悪化することもあります。症状としては以下のような様々な形で現れます。

  • 肌に赤み、かゆみがある
  • ぽろぽろ皮膚が落ちる
  • ジュクジュクして汁が出る
  • 硬くゴワゴワしている

年齢によって湿疹が現れやすい部位は変化していきます。乳幼児期は頭、顔の症状が多く、小児期には首や関節部(膝・肘・わき)に症状が出やすくなります。

治療

  • アトピー性皮膚炎は慢性化して治らないものと思われている方も多いですが、適切な治療とスキンケアを行えば完治させることも可能な病気です。当院では患者様とご家族があきらめずに治療に取り組めるようにスキンケアや塗り薬の塗り方の指導をしながら、責任をもって治療に取り組んでまいります。
  • 治療薬としては塗り薬として保湿剤、ステロイドの塗り薬、飲み薬としてかゆみを抑えるために抗ヒスタミン薬の飲み薬を主に用います。必要に応じて患者様おひとりおひとりに合ったスキンケア商品もご紹介します。

水いぼ

~痛みに配慮した治療を行います~

症状

水いぼとは、伝染性軟属腫ウイルスというウイルスが感染することで体に白く小さいできものができる感染症で、5~6歳をピークに小児期に発症しやすいです。全身どこにでも発生しますが、なかでもわきの下や陰部など皮膚が柔らかい所に多発しやすいです。同疾患は皮膚と皮膚が直接接触することや接触したもの(ビート板など)を介して感染します。またアトピー性皮膚炎を持っている場合、かいてしまうことで水いぼが広がりやすくなるため注意が必要です。

治療

水いぼは、半年~数年で自然に治ると言われているため、治療しないこともあります。ただし、いつ治るか予測することは難しいので、プールに入れなくなるなど学校生活が制限されるようであれば、治療を行うこともあります。その内容とは、主に痛み止めのテープ(保険適応)を貼って痛みを感じにくくし、ピンセットで水いぼをとる処置になります。

ウイルス性いぼ

~おひとりおひとりの症状に合わせて最適な治療を提供します~

症状

ウイルス性のいぼは、ヒトパピローマウィルスというウイルスの感染によってできる、硬く膨らんだできものです。皮膚の小さな傷からウイルスが感染して発症すると言われています。大人にも見られますが子供にもよくできます。この場合、全身どこにでも発生しますが、とくに手足にみられることが多いです。ウイルス性ですので、いぼの周囲に新たに(いぼの数が)増えたり、別の部位に移ったりすることがあります。そのため、増える前に治療することをおすすめしています。

治療

ウイルス性いぼの治療の主体は、液体窒素という-196℃の冷たい液体を使った冷凍凝固療法です。ただし、治療の際に痛みを伴います。そのため、お子さんの場合は痛みの少ない治療(モノクロロ酢酸の塗布、サリチル酸の塗布など)を行うこともあります。自費診療としてはレーザー治療の選択肢もあります。当院では、おひとりおひとりの症状に合わせて最適な治療をご提案させていただきます。

診療科目
皮ふ科、小児皮ふ科、アレルギー科、美容皮ふ科
院 長
山田 茂憲
住 所
福岡県糟屋郡須恵町旅石232-1
最寄駅
  1. JR香椎線 須恵駅 徒歩12分
  2. 西鉄バス 西原 徒歩7分
  3. 須恵町コミュニティバス
  4. Aコープ須恵店前 徒歩2分
  5. 九州自動車道須恵スマートICより車で3分
診療時間 日祝
9:00~12:30
14:00~18:00
  • ※最終受付時間は30分前となります。
  • ■…9:00~13:30
  • 休診…水曜午後、土曜午後、日曜・祝日
地図
PAGE TOP
PAGE TOP
  1. 診療時間
  2. 092-410-4170
  3. WEB予約