にきび・にきび痕

にきび・にきび痕

~痕に残らないための治療を提案します~

アトピー性皮膚炎

にきびは毛穴の感染、炎症による症状で、主に以下の3つによって起こると言われています。

①皮膚の分泌の増加

皮脂の分泌は性ホルモンが関わっています。そのため、性ホルモンが活発になる思春期に、にきびができやすくなります。また、成人のにきびでは、ストレス、疲れ、不規則な生活習慣などによる性ホルモンの乱れが関与しています。

②毛穴のつまり

皮膚の分泌の増加の影響で毛穴が詰まります。その他、皮膚のターンオーバー(皮膚の細胞が新しくなるサイクル)の乱れも関係します。間違ったスキンケアも影響します。

③アクネ菌の増殖

  • アクネ菌は誰の皮膚にもいる皮膚の常在菌です。①、②によって毛穴の中でアクネ菌が増えて毛穴に炎症を起こします。
  • にきびの炎症が強かったり長引いたりすると、症状が落ち着いた後も痕が残ってしまいます。それをにきび痕といいます。にきび痕になると治すのが難しくなります。そのため、にきびの治療は炎症の強いにきびや長引くにきびを予防することでにきび痕を作らないことを目指します。

にきびの種類

にきびには段階によって以下のように種類が分れます。複数の種類のにきびが混在していることがほとんどです。

にきびは、マイクロコメド(にきびのはじめ。毛穴に皮脂がつまりかけた状態。小さいために目では見えにくい)から始まって、白にきび、黒にきびに成長します。アクネ菌の影響で炎症を起こすと赤にきび、黄にきびになり、その後、にきび痕となります。

白にきび、黒にきび

症状

白にきびは毛穴に皮脂がつまった状態で、毛穴に白い点ができたように見えます。白にきびの毛穴が開いてメラニン色素、皮脂、垢などがたまって黒く見えるようになったものを黒にきびと言います。白にきび、黒にきびの段階では炎症は起こっていないため、腫れや痛みはありません。

治療

  • 塗り薬:外用過酸化ベンゾイル、外用レチノイド
  • 飲み薬:漢方薬、ビタミン剤
  • 自費診療:ピーリング、レーザー治療、にきび対応化粧品

赤にきび、黄にきび

症状

赤にきびは白にきびがアクネ菌の感染によって炎症を起こした状態です。炎症を起こすさまざまな物質も作られて赤く腫れて痛みが出ることもあります。黄にきびは赤にきびが悪化して炎症が激しくなった状態です。毛穴の中心に膿が出て黄色く見えます。激しい炎症が続くと毛穴の奥の毛包(もうほう)の壁が破れて炎症が毛穴の周囲の皮膚にも広がり、毛穴を中心とした広い範囲に赤みや腫れが出ます。

治療

  • 塗り薬:外用過酸化ベンゾイル、外用レチノイド、抗生剤の塗り薬
  • 飲み薬:抗生剤の飲み薬、漢方薬、ビタミン剤
  • 自費診療:ピーリング、レーザー治療、にきび対応化粧品

にきび痕

症状

にきびの炎症が悪化して毛穴の周囲まで広がった後や、無理に毛穴を自分でつぶしてしまった後は、毛穴の組織も壊されてしまうため、皮膚が元に戻らずに、にきび痕として残ってしまうことがあります。にきび痕にはクレーターのようにへこんだもの、硬く盛り上がったものなどがあり、それらが合わさって皮膚がぼこぼこして見えてしまうことがあります。

治療

  • にきび痕は保険診療による治療は期待できません。
    自費診療:ピーリング、レーザー治療
  • にきびの治療はどの段階においても外用過酸化ベンゾイルや外用レチノイド、抗生剤の塗り薬が中心となります。治療効果は高いですが、効果が出るのに平均3ヵ月はかかります。根気強く治療を続けることが大切です。
  • また、にきびが悪化する要因としてストレス、疲れ、不規則な生活習慣、間違ったスキンケアなどが関与しています。ストレスを適度に解消すること、食事、睡眠を中心に生活習慣を整えることはにきびを治す第一歩となります。
  • なお当院では、にきび肌に合ったスキンケア、スキンケア商品について患者様の症状に合わせてご紹介しております。
診療科目
皮ふ科、小児皮ふ科、アレルギー科、美容皮ふ科
院 長
山田 茂憲
住 所
福岡県糟屋郡須恵町旅石232-1
最寄駅
  1. JR香椎線 須恵駅 徒歩12分
  2. 西鉄バス 西原 徒歩7分
  3. 須恵町コミュニティバス
  4. Aコープ須恵店前 徒歩2分
  5. 九州自動車道須恵スマートICより車で3分
診療時間 日祝
9:00~12:30
14:00~18:00
  • ※最終受付時間は30分前となります。
  • ■…9:00~13:30
  • 休診…水曜午後、土曜午後、日曜・祝日
地図
PAGE TOP
PAGE TOP
  1. 診療時間
  2. 092-410-4170
  3. WEB予約